りぃねこ書記

rin_nekoが極稀に記事を書いて行く…

デザイン力をつけるには

 ※この記事は、 ICT Advent Calendar2016 9日目の記事です。

 

りいねこです。

 

前日、12月8日の記事はしゅりによるPCKの反省でした。

mosmos-syrc.hateblo.jp

ためになるので読みましょう。

 

さて、私りいねこは。

デザイン力をつけるにはどうすればいいのかを考えてみたいと思います。

私は趣味程度にデザインについて齧っていますのでね。

↑こう言うと強そうですね、雑魚です。

プロではないです、気をつけてください。

 

あ、デザインってのは、ここではプレゼンとかアプリケーションとかでの形・色・模様・配置などについてを言います。

 

今回の対象となる読者は

デザイン全然出来ないので少しはデザイン力を付けたい…

という方です。

デザイン界隈の新たな道は俺が開く!!

とか、

前衛的なデザインを…

って方向けじゃないです。

 

 

◆ センスを奪え

周りには、プロのデザイナーが考えたであろう沢山の創作物があるんです。

きれいに見える、クール・キャワイイ見た目のもの。

 

ポスターとか、広告物、商品のパッケージ、Webサイト、漫画の表紙、製品のデザイン、絨毯の模様、なんでもいいです。きれいなものなら。

 

なんでこんな印象に見えるのだろう…って考えてみましょう。

 

◆ 空白と友達になれ

空白ってのは、意外とデザインの中では大切な働きをするやつなんです。

空白をしっかりとコントロールできないと、不自然なレイアウトとなることでしょう。

なんか狭っ苦しいなとか、まとまりがないなと感じたら空白をコントロールするようにしてみたらいいかも。

 

◆ 揃えろ、前へならえだ

揃えられるところは揃えちゃいましょう。

逆に揃えないことで強調する…とかいうテクは揃えられる人が使うものです。

f:id:rin_neko:20161209224712j:plainf:id:rin_neko:20161209224715j:plain

適当にパパッと作りましたが、左のほうが揃うべき場所が揃っていますね。

見えない線が見えるような気がするはずです。

あと、なるべく幅も等間隔にするようにしています。まさに前へならえ。

右は不安になります。

あ、ちなみに先程述べた空白も、左のほうがきれいです。

 

◆ せめて文字は読ませたげて

たまにプレゼンの背景ド派手で文字が見えないとか、文字がちっちゃいとか、読む気が起きないほどに文字が詰まってたりとか、背景の色が明るいのに文字が白いとか…

文字を読ませることをはちゃんと意識するといいかもしれないです。

 

◆ 配色はツール使え

配色は難しいです。色のセンスは鍛えることが難しいです。

非常につらい。

Adobe Color CCとかを使うとか、その他の配色用のツールを見つけて使うと良くなりやすいです。ただ、使い方もしっかり覚えないとせっかくの良い色も無駄になってしまいます。色の知識も少しは付けましょう。ググると沢山出てくるはず。

 

あと、色は印象を簡単に操作できるんです。

 

例えば黒と黄色が使われてると

「危ないのかな?」

と、自然に思います。

 

クーラーのCMで、クーラーから赤色の風が出ていたら

「暖房なんだな」

って思いますよね。

 

色の印象ってやつをしっかり捉えて、適切に使ったげるのが良いんじゃないかとおもいます。

 

◆ ノンデザイナーズ・デザインブックを読め

ここらで「ノンデザ読めばええんでね?」

と気づいてしまう僕。もう眠たい、これは文字を打つ力も衰え、記事が中盤にして潰えてしまう…ということでここらでストップして、おすすめの本登場です。

コレ読めば、文字ばっかでわかりづらいこの記事の言ってることもわかるかもしれません。ICT委員会の人は、そこら辺にいる先輩に「ノンデザどこあります?」って聞けば本が生えてくるはずです。

もはや買っちゃいなよレベル。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%AC%AC4%E7%89%88-Robin-Williams/dp/4839955557/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1481291891&sr=8-1&keywords=%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF

 

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

 

 はいこれ。

 

◆ 終わりに

基本を学んだ上、『生活する中で見つけたイカしたデザインを真似る、吸収する』、コレを実践すると良いのではないでしょうか。

PsとかAi持ってる人は

「あっ、この看板のロゴマーク、こんなかんじでできそうやな…」

とか

「つくっちゃえ〜〜〜〜」

とかすればいいと思います。

 

ちょっと今日疲れてて文章力落ちてて

駄文が目に余る記事ですね、すいません。

ここらで終わりにしましょ。さよなら〜〜〜。

 

明日は…おおっ、

まなうぇいじゃん、

期待大。

寿司とは

(適当なこと言います。頭を使わずに書いています。文句は受け付けません。)

 

 

僕たちは日本人だ。

だれもが心の奥底に、寿司を持っている。

 

タンスの角に小指をぶつけた時も、

好きな人にチョコを渡せなかった時も、

スマートフォンを機種変更した時も、

ガストでカルボナーラを食べている時も、

巨大な人型機体に乗り込み宇宙空間で闘っている時も、

 

『嗚呼………

     寿司が………

 

 

             食べてぇな………』

 

 

ふと、そう思うのだ。

 

かの有名な故人が残した命題。

我思うゆえに寿司あり

例え、この世界の存在を疑おうと、その疑いの意識の奥底に寿司はいる。その時点で、その寿司が存在することは疑い得ない。

 

寿司こそが人であり、人は寿司なのだ。

寿司こそが世界であり、世界は寿司なのだ。

寿司こそが宇宙であり、宇宙は寿司なのだ。

嗚呼。寿司が。食べたい。

 

 

 

おまけ『威嚇する寿司の絵』

制作にかかった時間:3分

使用ソフトウェア:SAI1.2.5

f:id:rin_neko:20161201014602j:plain

男子寮の居室点検で掃除を全力でした僕が報われなかったことを許さない記事

こんにちは。

りいねこです。

 

沖縄高専はやっとこさ夏休みに入るわけですが、寮生は

居室点検

という地獄がやってくるわけです。

 

居室点検というものはいたってシンプル。

寮は半年ごとに部屋の移動があります。

そして、長期休暇に入り、寮から出るときにあるのが居室点検。

半年間使用してきた部屋の荷物をまとめ、最高に綺麗な状態にするのが住人に課せられた義務です。

 

さてこの居室点検、男子寮と女子寮とでの差が沖縄高専生の間でよく話題となります。

特に女子寮の点検の厳しさは、

 

・壁をこすって確認される

・微塵のホコリも許されない

・窓は存在を確認しづらいほどに綺麗にしないといけない

 

など、もはや伝説級のものと化しています。

対する男子寮はめちゃ適当です。

本当に、本当に適当です。

点検する人にもよりますが、ほとんどの場合において適当です。

 

 

さて、男子寮の点検の適当さは楽ではあるものの、もちろんデメリットも多いものです。

そこで今回は僕が男子寮の居室点検について色々と書きなぐっていきたいと思います。

ちなみに、僕は今は寮外生です。

 

◇僕が全力で居室を掃除したが報われなかった話

さて、僕は割と面倒くさがりな一面があります。

しかし、妙なところですごくこだわるタイプの人間です。面倒なやつですね〜〜〜。

寮の居室点検でもなぜかそれが発動し、女子寮の清掃レベルには至らずとも、男子寮ではレベルが高いと言える清掃をしたと思います。

 

・ドアは全体を拭き、通気口のホコリを完全に除去、取っ手は除菌ウェットティッシュで除菌

・天井拭く

・窓ガラスは指紋一つも許さない

・棚、クローゼットは内側も外側も完全に拭く

・ベッド、机は移動させながら完全に清掃

・ベランダのゴミ(土とか葉っぱとか)を全部清掃

・エアコンと室外機も清掃

・床はホコリ、髪の毛が残らないように清掃

 ...etc

 

これだけやりました。

男子寮にしてはレベルが高いと思います(どや)。

僕はやりきった感に包まれており、

「点検も一発OKが出るであろう

あゝ、なんてすがすがしい気分だ...」

と、すがすがしい表情ですがすがしく居室点検依頼表のもとへ歩いていきました。

 

数分後には指導寮生の方が来ました。

僕はこの部屋を見てくれと言わんばかりにドアを全開放しました。

 

 

しかし...

 

 

 

指導寮生 (ちらっ)

指導寮生「・・・」

指導寮生「おっけ〜」

 

 

 

僕「え」

 

 

 

指導寮生「じゃ」

 

 

 

 

 

 

 

あ...ありのまま今起こったことを話すぜ...!

「指導寮生が来たと思ったら、いつの間にか、点検は終わっていた」

な...何を言っているのかわからねーと思うが俺も何をされたのかわからなかった...

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

 

点検みじかっ!!!!!!!!!!

部屋に入らないの?????????

ええええええええええええ

 

そう、男子寮は点検が究極まで簡略化されているのです...。

でも、その時はあまりにも簡潔だったのです。

もはや僕の中でもBest of Beautiful 寮部屋と言っても過言ではない清掃具合に対し、

これです。

 

僕は泣く泣く点検OKをもらうこととなったのです...。

 

◇僕が入寮した時に部屋が恐ろしく汚くて泣きそうになった話

あれだけ清掃しても点検が適当だなんて...。

なぜか辛い気分だ、でも次に使う人が喜んでくれるかな☺️

とか思いながら僕は寮を出ていき、長期休暇終了間際にまた戻ってきました。

 

あの時の私は、まさかあんな目に会うだなんて思いもしませんでした...。

 

 

 

鍵を受け取り、部屋に入ろうと取っ手をとると

 

ニチャァ

 

僕「へ?」

 

取っ手の裏側にガム!?!?!?!???!??!??!!

 

僕「ん?」

 

机の下にダンボール(ゴミ)!?!?!?!!!??!?!?!

 

僕「は?」

 

えあこんくん「ふごーーーー(ホコリスメル)(フィルターくそ汚い)」

 

 

 

 

 

 

泣いた〜〜〜〜〜〜??????????

 

 

 

 

すごく頑張って清掃して部屋を綺麗にして寮を出たのにこれですよ!!!!!!!

おおん!!!?!?!?!?!?!

 

なんで取っ手の裏ガムついてんだよ!!!!!!

紙に包んでゴミ箱に捨てろって書いてあるでしょ読んでよ!!!!!!

てかダンボール捨ててあるのは点検のとき気付かれてよ!!!!!!頼む〜〜〜〜頼むよ〜〜〜〜!!!!!!

フィルターは結局僕が清掃したよ!!!!!!!

 

 

◇結論

男子寮の居室点検は頑張ったものが報われないという点では闇。負の連鎖が起こってそう。

「ウェイソイヤw」の過剰な使用とその危険性

どうも、りいねこです。

暑くなり、蝉の声も煩わしい季節となりましたが皆様如何お過ごしでしょか。

 

さて、タイトルにも有りますが、

最近僕の周りの沖縄高専生がこの言葉を多用しまくっています。

 

「ウェイソイヤ」

 

便利なものですが、便利すぎることが裏目に出、

使用者に大きな負の副作用を生じさせます。

 

そんな言葉を当たり前のように使用する高専生に対し、

警鐘を鳴らすことがこの記事の目的です。

 

◆ウェイソイヤ とは?

ウェイソイヤとは、なんかいい感じの言葉である。

ウェイというウェイ系なNowでYoungな言葉に加え、

ソイヤァッといった掛け声感のある言葉が

使用者になんとも言いがたい快感を与える。

元ネタは調べて。(下ネタ苦手な人は調べないほうがいいかも

 

◆使用方法

  • 「ああ、あれはなんかいいかんじにウェイソイヤしといて」
  • 「ウェイソイヤw」
  • 「このクラスはSingletonパターンでいい感じにウェイソイヤ」
  • 「ウェイソイヤ以外の感情を失った」

◆危険性

普段私たちは語彙力をフル活用して会話を行います。

語彙力とはすなわち、どれだけ語彙を吸収、記憶できているかという度合いです。

そして僕らは皆、その語彙力をいい感じにウェイソイヤして会話を行います。 

ウェイソイヤはその語彙力を低下させ、会話のレベルの低下を招くのです!!!!

今までは脳みそがいい感じにウンウン働いて適切な語彙を適切な場面で利用していたのです。

 

ーーー そこにウェイソイヤという便利なものが来てしまったら…???

 

脳みそは働くことをやめ、

適切な語彙を探すことをやめ、

この言葉を代わりに使用します。

 

   「ウェイソイヤw」

 

特に

 

   「いい感じに」

 

という言葉とのシナジー効果は異常です。

 

気づけば、ウェイソイヤとかいう言葉を発することの出来ない場面(仕事や公衆の場面での会話、面接等)で何も言えない状態にまで悪化してしまいます。

 

ウェイソイヤに一度はまってしまうと、その中毒性の高さから依存が起こります。

ウェイソイヤを使用しないと頭痛、苛立ち等の症状が起こり、ついウェイソイヤをまた使用してしまうのです。

だんだんとその使用量は増え、完全に脳がウェイソイヤに依存してしまうのです。

 

◆断る勇気

例え友人に

「ウェイソイヤw?」

と誘われても

「ノンノン。僕は語彙力の塊なので✋」

と一発で断ってやりましょう!

依存してから後悔したって手遅れなのです!!

 

◆まとめ

字うつのめんどくさいのでここらで終わります。

まああれです、ウェイソイヤは使わないようにしような?

No ウェイソイヤ!!うぇ~~~~い!!!!

 

 

(※この記事は適当です。信じないで下さい)

高専逆求人に参加してきたお話

どうも、りいです。

 

今年も終わりを迎えそうな雰囲気が漂い始めていますが皆様いかがお過ごししょうか。

12/23日に開催された逆求人に参加してきたよって記事を書きたいと思います。

ストーリー色強めで行きますのでささっと見づらいかも。

 

~~~記事の流れ~~~

◆ きっかけ

◆ 準備

◆ 旅程

◆ 前日

◆ 当日

◆ 感想・まとめ

~~~~~~~~~~~

 

◆きっかけ

僕は就職9割くらいで考えていました。

イベントを終えた今も大体就職9割で考えています。

 

突然ですが、僕は日本式就職があまり好きではありません。

(場合や状況にもよりますし、

日本式就活の現状を一概にそう思うのは良くないのかもしれませんが…)

 

日本式就活、となるとこちらの動画を見て頂きたいです。色々、考えさせられます。


アニメーション「就活狂想曲」

 

突然の動画紹介ですが、僕は日本式就活に対しここまで過剰ではないにせよ、このような印象を持っておりました。

 

しかしあるとき、しおみさんが沖縄高専にやってきて、逆求人を告知!

先輩方が数名参加。僕はちょっと変わった就活スタイルがあることを知りました。

 

それから2年程経ち、就活を意識し始めた頃、プロコン会場でしおみさんと会いました。そこで僕は(逆求人があったな…)と思い出し、その後m教授にも薦められたこともあって逆求人に参加することを決意しました。

高専生の友達にも会えるかもしれない…友達も増えるかもしれない…との考えもあり高専逆求人を選択。

 

このような流れで逆求人参加が決定しました。

 

◆準備

逆求人でググり、出てきた逆求人Webサイトで仮登録を行います。

すると数日後、しおみさんから電話が。

当時、仮登録で電話が掛かってくるとは思っていなかったので結構ビビりました。

メールをちゃんと読んでいなかった僕が悪いのですが…。

電話では『本登録をすること』『本登録したPRページの添削を行うのでSkype面談の日程決め』の二点を確認しました。

 

その後、本登録でPRページを作成し、Skype面談にて添削。

その次のSkype面談ではプレゼン用資料も添削して頂きました。

しおみさんは百戦錬磨故か添削の手練れでとても的確にアドバイスを下さります?

僕のスライドも少しは味のあるものに?なりました。雑でしたけど。

 

あと、開催地に向かうための航空券も自分で取りました。

僕はうちなんちゅ(沖縄人)なので✋

宿泊は千葉に祖父母が住んでいるのでそちらで宿泊させてもらいました。

他の遠方勢はカプセルホテルやネカフェなどと言っていたと思います。

 

開催日が近づくと、参加する企業リストなるものがメールで送られてきますので、

気になった会社や始めて名前を見る会社は少し調べると良いかもしれません。

ちなみに、僕は調べませんでした❢❢

会って話せるせっかくの機会なのだから企業の方から直にお伺いしようじゃないのって考えたからですてへぺろ~❢❢

面倒くさかったとかでは決して無いですからね。

決して。

 

色々とありましたが、以上で準備は万端?です❢❢

 

◆旅程

12/22 授業がありましたがさb飛行機に乗って東京へれっつらご❢❢祖父母宅で宿泊❢❢

12/23 逆求人当日❢❢1030~1900まで両国のKFC(国際ファッションセンター)ホール❢❢

12/24 授業がありましたがさb祖父母宅から沖縄へ帰る❢❢

 

◆前日

東京寒い寒い言いながら電車で移動し、祖父母宅にて明日の準備(プレゼン見なおしたり)を行います。しかし、あんまり遅くまで起きると辛いです。逆求人体力使います。早く寝ましょう。

因みにですが、この日は沖縄で昼には25度程あり、東京は夜6度程でした。

全国の沖縄県にお住みの皆様、温度差に気を付けましょう。東京の冬は半袖じゃダメ?

 

◆当日(12/23 両国ホテルKFCホール 高専逆求人開催)

緊張しながらも会場へ…寒さと緊張に震えるうちなんちゅ。

ケンタッキーフライドチキン国際ファッションセンターホールには両国駅からすぐに付きました。10分もかからなかったかと思います。

地図さえ確認してあればGoogle Mapを開くまでも無いかもしれません。

 

受付ではジースタイラス女性陣の✨華やかな✨フィールドが…❢❢

眩しさに目を細めつつも受付を行い会場へ。既に会場では高専生による緊張アトモスフィアが。しかし、僕の隣の席と隣の隣の席は以前話したことのある徳山高専の友人!!心強すぎる。

しかも今回、沖縄高専ICTから僕も含め4人の参加、心強すぎる。

高専生の場合は友人に出会えて緊張がほぐせる場合があるので高専逆求人、おすすめです。

 

企業さんとの顔合わせまでは渡された名刺を切り離す作業。

名刺交換練習に参加高専生同士で名刺交換を行った後、皆で円陣を組み、気合を入れたらいざ企業さんとの名刺交換!!

ここで結構参加企業さんとの話が盛り上がります。フレキシブルに対応しましょう。

僕は緊張してたのでそんなにフレキシブルな会話はできませんでしたが頑張って一応最低限文脈のあるお話をすることができました。

 

その後はお昼ごはん休憩。

徳山高専の2人と楽しくつけ麺を食べられて幸腹。

 

その後ついに企業さんとの面談開始。

今回は6タームあり、空きタームは他の参加者との面談という名のお喋り。

僕は1ターム目は他の高専生と喋っていました。

2ターム目からは様々な企業さんと面談。

 

ちなみに今回ボクが参加する際に目的にしていたことは

・企業との接点を持つこと

・自分のIT業界での市場価値を計ること

でした。

 

企業さんによって結構形式が異なりました。例えば

・僕のプレゼン内容を遡り、そこから話題を広げる

・僕に様々な質問をし、そこから話題を広げる

・企業の説明をし、そこから話題を広げる

 

などと、会話の広げ方や着目する点(スキルに目が行くか、僕の根本的な思考に目が行くか)も異なり、

・企業の事を知ってもらう、企業に向いているか確認を行う

・僕がどのように生きているか、どのような技術力を持つか確認

・僕の進路の相談に乗って下さる

 

など、話題の方向性や目的も企業によって変わっていたと思います。

このように内容は違えど、全ての企業様と楽しく会話ができ、企業様のことを知ると同時に僕のことも見つめ直せました。

企業の方と話す際は、企業と面談というよりは企業の担当の方(一個人として)と面談、といった雰囲気です。

 

1ターム30分、全力で話すので非常に体力を使いますが、話足りないぐらいです。

残り5分です、と言われるまでが一瞬です。

 

6ターム全部終わった頃にはへとへとでしたが、その頃には

逆求人に参加して本当に良かった、と思っていました。

目的も達成されたのでは、と感じています。

 

あ、それと水分は必須です。1タームごとにのどかっぴかぴです。

 

最後には懇親会も開かれ、面談できなかった企業の方ともお話ができたり、

面談時にはできなかったゆるめのお話もできたりと楽しかったです。

もし逆求人に参加するならば懇親会には是非参加するべきだと思います。

友達も増えます。

 

懇親会が終わったら逆求人は終了!!

以上が逆求人当日の様子でした。

 

◆感想・まとめ

逆求人というイベント本当に良いイベントだと思います。

・本当に話したい内容での面接が可能

・採用のプロでもある企業の方にフィードバックを頂ける

・楽しい

・友達増える

 

参加して、僕の中でも色々変わりました。

フィードバックを元に自己分析を行い、就職にも活かしていけるようにしたいです。

ほんっとおすすめできるイベントなので参加しようかな、と悩んでいる人や興味を持った方は是非参加してみて下さい。

 

 

 

では、朝も近いのでここらで失礼します。

あまり構造を考えずに眠気と闘いながらゴリゴリ書いたので読みづらかったり話が飛びまくったりしてる気もしますが許して…(´;ω;`)

 

 

ではまた。

皆様良いお年を!!

【ICT2015アドベントカレンダー】いままでを振り返るよ

こんにちは。りいです。

今年もやってまいりましたICTアドベントカレンダー、本日(12/09)担当なので記事を書かざるを得ません。

 

昨日(12/08)の担当はユーゴ氏(@ICT_yugosoviet)

ict-yugosoviet.hatenadiary.jp

皆さんの期待通り。

ユーゴ氏による感動間違いナシ最強最高ベリベリグッド記事がアップロードされていましたね。

僕はユーゴ氏によって天高く成層圏まで上げられたハードルの下をくぐるのがやっとです・・・???

 

さて、僕はいままでの反省していきます。久留米3日目は明日にでも。

 

◆1年生から振り返る…

まずは1年生の頃を思い出してみます(遠い目)

そうそう、そういえば今年の1年生はスゴいんです(※音速会話逸らし)

意識高い上にかわいいと来た(男女共)。

f:id:rin_neko:20151209222857j:plain

    最強かよ❢❢

僕が1年生の頃なんてデジタルアート部でMayaチュートリアルしたぐらいで他は遊びに遊んでいました★えへっ★

………。

ダメですねぇ…。

僕がそんなんだったのもあって、今年の1年生には期待を持っています。

2, 3年生ももちろん期待してるので来年はきっと色んな功績が…ね?(⌒,_ゝ⌒)

 

◆2年生を振り返る…

2年生はICTに絡み始めた年度です。

きっき先輩チームのPCKモバイル部門作品『HappyWorldMap』なるもののPVを作成。

HappyWorldMapの概要は省略します。

 

僕の仕事はAeでソイヤソイヤ!イェーイ!

しかし受賞できず…なかなかに悔しい。

アプリのUIやデザインにもうちょっと踏み込むべきでした…。

今思えば、少しだけではあれど、僕が初めて参加した大会でした。

あの頃誘ってもらえなかったら、ICTとは無縁の高専生活だったろ~な~…。

誘っていただいたきっき先輩や教授に感謝。

 

◆3年生を振り返る…

一番記憶に残っている学年かと思います。

 

4月だか5月だったか、1階から2階への階段を上がりきったらへんで会った教授に

教授「リーダーやらない?」

僕 「アッ、エッ??アッ…」

 

その流れでPCKグランプリ、うちな~ビジコンで最優秀賞?、架け橋プロジェクト参加、起業家甲子園と盛り沢山。色々経験して一番伸びた学年です。

 

◆今年…

今年はね、おじさん疲れた(´・ω・`)

プロコンについては以前の記事参照。

 

rin-neko.hatenablog.com

 

反省点多いですね…来年は今年発生した反省点をちゃんと反省したい。

 

◆まとめ

なんだかんだICT入れて楽しかったです。

僕の高専ライフを意味のあるものにしてくれた。そう思っています…❢❢❢❢❢❢❢

まだあと1年あるのでプロコンとかできれば頑張りたいですね。

後輩にもがっつり頑張って頂きたい…!

 

僕はこれから就職も頑張っていかないとです。頑張るぞい(`・ω・´)

なんか僕器用貧乏?(と言える程かという質問は無しで)な感じなのでしっかり自己分析していきたいと思います。

 

 

ではここらで失礼したいと思います。

明日は多分天上天下唯我独尊無双リッター3K使いであるオタコン天上天下唯我独尊な記事を書き上げますのでご期待ください。

 

ではみなさん良いクリスマスを✋

最後にちょっと零時まで時間あったのでササッと描いたメリクリミクさん置いておきますね✋雑且つ下手ですお許しを✋

f:id:rin_neko:20151209234948j:plain

久留米に行ってきたよ2

りいです。

久留米に行った話の続きです。

 

▼1日目

rin-neko.hatenablog.com

 

昨日午後8時に寝てしまって2日目書けなかったし、今日が2日目です(←クズ)

 

 

2日目(12 / 4)

2日目の朝。

 

あっ、関係のない話ですが、僕はおりさの先輩と同じ部屋でして、

二人共ロングスリーパーというか生活習慣アブノーマルな感じなんですよ。

 

 

起床フェイズ失敗。

デキる旅人なら、「圧倒的睡眠」☝️?✨

寝まくって「圧倒的成長?」だ✋?✋✨

 

なんか起きたら昼の朝の11時でした~はい~。

で、太宰府天満宮組に置いていかれ行く宛もなし。

と、ここでおりさの先輩から案が。

 

 

おりさの先輩「大砲ラーメン予習ワンチャンあるのでは」

 

 

 

僕(あれ?昨日の夜も僕ラーメンだったし、今夜の予定は皆で大砲ラーメンだし、これは許されるのだろうか…??????)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rin_neko:20151208191322j:plain

大砲ラーメンウッメェェエエエエエ

口の中にラーメンのコクが広がって、とてもOC(美味しい)です。

教授に飯テロを送りつけながら食べるラーメンは最高でした(クズ)

 

そしてラーメンを平らげた後、ホテルの近くにあるというゲーセンへ。

そこでkagamiz先輩と合流。

音ゲーしてたらいつの間にか現れたおれじゅーが弐寺してました。

その後はユーズボウルに移動して4人でカラオケ。

kagamiz先輩がちくぱを歌っていたことを僕は一生忘れません。

おれじゅーはイケメンな歌をイケメンなボイスで歌ってました。

おりさの先輩はいつもどおり口からハイレゾ音源でした。

 

ある程度歌ったら結構な距離を歩いて久留米高専に(`・ω・´)

プロラボのみんなと太宰府組に合流!!

プロラボ人数多くてびっくりしました。

 

その後は皆で大砲ラーメンに移動。移動手段は歩き。

歩きながら色んな話ができて楽しかったです。

 

 

 

f:id:rin_neko:20151208193015j:plain

大砲ラーメンウッメェェエエエエエ

昼のものとは違うものを頼んでみましたがコクが増えてめっちゃ美味しかった。

じゃくしーとちぎちゃんとユーゴと一緒に色々話しながら食べて楽しかったです。

食後も駅付近でプロラボの人たちとしゃべりまくってて楽しかった。

さらにその後もミスドで楽しかった。

 

こんな感じで起床フェイズに失敗したわけですがプロラボのみんなと絡めて最高に楽しかったし大砲ラーメンは最高に美味しかったです。

 

2日目も最高に楽しかった、て感じでした。まとめると、

起床→大砲ラーメン音ゲー→カラオケ→久留米高専音ゲー大砲ラーメンミスド→就寝

でした。

 

 

 

多分3日目も書くと思いますそれではまた✋