りぃねこ書記

rin_nekoが極稀に記事を書いて行く…

高専逆求人に参加してきたお話

どうも、りいです。

 

今年も終わりを迎えそうな雰囲気が漂い始めていますが皆様いかがお過ごししょうか。

12/23日に開催された逆求人に参加してきたよって記事を書きたいと思います。

ストーリー色強めで行きますのでささっと見づらいかも。

 

~~~記事の流れ~~~

◆ きっかけ

◆ 準備

◆ 旅程

◆ 前日

◆ 当日

◆ 感想・まとめ

~~~~~~~~~~~

 

◆きっかけ

僕は就職9割くらいで考えていました。

イベントを終えた今も大体就職9割で考えています。

 

突然ですが、僕は日本式就職があまり好きではありません。

(場合や状況にもよりますし、

日本式就活の現状を一概にそう思うのは良くないのかもしれませんが…)

 

日本式就活、となるとこちらの動画を見て頂きたいです。色々、考えさせられます。


アニメーション「就活狂想曲」

 

突然の動画紹介ですが、僕は日本式就活に対しここまで過剰ではないにせよ、このような印象を持っておりました。

 

しかしあるとき、しおみさんが沖縄高専にやってきて、逆求人を告知!

先輩方が数名参加。僕はちょっと変わった就活スタイルがあることを知りました。

 

それから2年程経ち、就活を意識し始めた頃、プロコン会場でしおみさんと会いました。そこで僕は(逆求人があったな…)と思い出し、その後m教授にも薦められたこともあって逆求人に参加することを決意しました。

高専生の友達にも会えるかもしれない…友達も増えるかもしれない…との考えもあり高専逆求人を選択。

 

このような流れで逆求人参加が決定しました。

 

◆準備

逆求人でググり、出てきた逆求人Webサイトで仮登録を行います。

すると数日後、しおみさんから電話が。

当時、仮登録で電話が掛かってくるとは思っていなかったので結構ビビりました。

メールをちゃんと読んでいなかった僕が悪いのですが…。

電話では『本登録をすること』『本登録したPRページの添削を行うのでSkype面談の日程決め』の二点を確認しました。

 

その後、本登録でPRページを作成し、Skype面談にて添削。

その次のSkype面談ではプレゼン用資料も添削して頂きました。

しおみさんは百戦錬磨故か添削の手練れでとても的確にアドバイスを下さります😂

僕のスライドも少しは味のあるものに?なりました。雑でしたけど。

 

あと、開催地に向かうための航空券も自分で取りました。

僕はうちなんちゅ(沖縄人)なので✋

宿泊は千葉に祖父母が住んでいるのでそちらで宿泊させてもらいました。

他の遠方勢はカプセルホテルやネカフェなどと言っていたと思います。

 

開催日が近づくと、参加する企業リストなるものがメールで送られてきますので、

気になった会社や始めて名前を見る会社は少し調べると良いかもしれません。

ちなみに、僕は調べませんでした❢❢

会って話せるせっかくの機会なのだから企業の方から直にお伺いしようじゃないのって考えたからですてへぺろ~❢❢

面倒くさかったとかでは決して無いですからね。

決して。

 

色々とありましたが、以上で準備は万端?です❢❢

 

◆旅程

12/22 授業がありましたがさb飛行機に乗って東京へれっつらご❢❢祖父母宅で宿泊❢❢

12/23 逆求人当日❢❢1030~1900まで両国のKFC(国際ファッションセンター)ホール❢❢

12/24 授業がありましたがさb祖父母宅から沖縄へ帰る❢❢

 

◆前日

東京寒い寒い言いながら電車で移動し、祖父母宅にて明日の準備(プレゼン見なおしたり)を行います。しかし、あんまり遅くまで起きると辛いです。逆求人体力使います。早く寝ましょう。

因みにですが、この日は沖縄で昼には25度程あり、東京は夜6度程でした。

全国の沖縄県にお住みの皆様、温度差に気を付けましょう。東京の冬は半袖じゃダメ🙅

 

◆当日(12/23 両国ホテルKFCホール 高専逆求人開催)

緊張しながらも会場へ…寒さと緊張に震えるうちなんちゅ。

ケンタッキーフライドチキン国際ファッションセンターホールには両国駅からすぐに付きました。10分もかからなかったかと思います。

地図さえ確認してあればGoogle Mapを開くまでも無いかもしれません。

 

受付ではジースタイラス女性陣の✨華やかな✨フィールドが…❢❢

眩しさに目を細めつつも受付を行い会場へ。既に会場では高専生による緊張アトモスフィアが。しかし、僕の隣の席と隣の隣の席は以前話したことのある徳山高専の友人!!心強すぎる。

しかも今回、沖縄高専ICTから僕も含め4人の参加、心強すぎる。

高専生の場合は友人に出会えて緊張がほぐせる場合があるので高専逆求人、おすすめです。

 

企業さんとの顔合わせまでは渡された名刺を切り離す作業。

名刺交換練習に参加高専生同士で名刺交換を行った後、皆で円陣を組み、気合を入れたらいざ企業さんとの名刺交換!!

ここで結構参加企業さんとの話が盛り上がります。フレキシブルに対応しましょう。

僕は緊張してたのでそんなにフレキシブルな会話はできませんでしたが頑張って一応最低限文脈のあるお話をすることができました。

 

その後はお昼ごはん休憩。

徳山高専の2人と楽しくつけ麺を食べられて幸腹。

 

その後ついに企業さんとの面談開始。

今回は6タームあり、空きタームは他の参加者との面談という名のお喋り。

僕は1ターム目は他の高専生と喋っていました。

2ターム目からは様々な企業さんと面談。

 

ちなみに今回ボクが参加する際に目的にしていたことは

・企業との接点を持つこと

・自分のIT業界での市場価値を計ること

でした。

 

企業さんによって結構形式が異なりました。例えば

・僕のプレゼン内容を遡り、そこから話題を広げる

・僕に様々な質問をし、そこから話題を広げる

・企業の説明をし、そこから話題を広げる

 

などと、会話の広げ方や着目する点(スキルに目が行くか、僕の根本的な思考に目が行くか)も異なり、

・企業の事を知ってもらう、企業に向いているか確認を行う

・僕がどのように生きているか、どのような技術力を持つか確認

・僕の進路の相談に乗って下さる

 

など、話題の方向性や目的も企業によって変わっていたと思います。

このように内容は違えど、全ての企業様と楽しく会話ができ、企業様のことを知ると同時に僕のことも見つめ直せました。

企業の方と話す際は、企業と面談というよりは企業の担当の方(一個人として)と面談、といった雰囲気です。

 

1ターム30分、全力で話すので非常に体力を使いますが、話足りないぐらいです。

残り5分です、と言われるまでが一瞬です。

 

6ターム全部終わった頃にはへとへとでしたが、その頃には

逆求人に参加して本当に良かった、と思っていました。

目的も達成されたのでは、と感じています。

 

あ、それと水分は必須です。1タームごとにのどかっぴかぴです。

 

最後には懇親会も開かれ、面談できなかった企業の方ともお話ができたり、

面談時にはできなかったゆるめのお話もできたりと楽しかったです。

もし逆求人に参加するならば懇親会には是非参加するべきだと思います。

友達も増えます。

 

懇親会が終わったら逆求人は終了!!

以上が逆求人当日の様子でした。

 

◆感想・まとめ

逆求人というイベント本当に良いイベントだと思います。

・本当に話したい内容での面接が可能

・採用のプロでもある企業の方にフィードバックを頂ける

・楽しい

・友達増える

 

参加して、僕の中でも色々変わりました。

フィードバックを元に自己分析を行い、就職にも活かしていけるようにしたいです。

ほんっとおすすめできるイベントなので参加しようかな、と悩んでいる人や興味を持った方は是非参加してみて下さい。

 

 

 

では、朝も近いのでここらで失礼します。

あまり構造を考えずに眠気と闘いながらゴリゴリ書いたので読みづらかったり話が飛びまくったりしてる気もしますが許して…(´;ω;`)

 

 

ではまた。

皆様良いお年を!!